スキンケアでのソープの使い方

スキンケアの中でも洗顔をするときに必ず使うのはソープですよね。皆さんは泡立てネットなどできめのあらい泡で洗顔したりしていませんか。正しい洗顔ソープを泡だてて使うことがスキンケアのコツになりますよ。まず、ソープの泡立てですが、手のひらを十分濡らしてからソープを泡立てます。
そうすることでしっかりと、粘りのある泡ができます。
そのときに水分が多すぎたり、熱を持つ様な粗い泡だと細かな部分まで洗いきらないので気をつけてくださいね。

次に、スキンケアで大切なのは、洗い方です。
ソープをしっかりと泡立てしたら、優しく洗うことです。
皆さんはゴシゴシと洗ったりしていませんか。そうすると、どうなるかというと、シワの原因になったり、肌を傷つけたりしてメラニンが浮きやすい肌になります。
そうならないためにもしっかりと泡立てしたソープで優しく洗うことがスキンケアのコツですよ。優しく洗うだけでも汚れが落ちる様に細かな泡を作ることです。

あとは、洗顔ソープをしっかりと洗い流すことがコツです。
このときに洗顔ソープが残っていたりすると肌にようありません。まだ、洗う時のお湯の温度ですが、あまり、高すぎると乾燥の原因にもなりますしよくありませんよ。洗顔ソープが残っていてもかぶれなどの原因にもなりますので十分に洗い流すことをおすすめします。
ことことをきっちりと守って洗うのがスキンケアのときの洗顔ソープを正しく使うことになりますし、キレイになるコツですよ。

注目の情報

Copyright (C)2017スキンケアガイド 肌に合う化粧品の探し方.All rights reserved.